向かい風参考記録

陸上競技 その他 いろいろ

4月のトレーニング記録【4/11更新】

f:id:Wetland:20210409020313j:plain

本州は試合期に入りましたが、こちらは丁度1ヶ月半〜2ヶ月くらい遅れていますので、今は専門的準備期といったところです。僅かずつですが気温も上がってきたので、スピード系を入れるときは怪我に注意したいと思います。

これまでの経過

3月は専門的準備期としてショート系・パワー系トレーニングに走りの「間」を持たせる技術走を入れていく予定でしたが、疲労によるディトレーニングを入れました。

4月のトレーニング

4月はディトレーニング明けの1週間は一通りのコンディショニングチェックを行い、そこからサイクルを回していく予定です。ここからは週末にスピード系のトレーニングを入れていく流れにしていきたいので、少し組み方が変わってくると思います。想定より疲労の抜けが良くない場合は初戦を後ろに伸ばすか、スピードトレーニングの一環として割り切って出ることにします。

トレーニング内容

4月1日(木)

・レスト

年度明け初日とあって、かなりバタバタとした一日でした。自分の範囲内のことは前もって対策していましたが、どこか準備をしていない人がいると共倒れのようにバタバタに巻き込まれてしまうことが分かりました。良くも悪くも組織に所属して仕事をしている弊害ですね。

4月2日(金)

・レスト

疲労を抜くためのディトレーニングも今日を入れて残り2日です。高ストレス状態が続いているので、疲労が抜けている実感があまりありません。恐らく筋腱の引っかかりのような疲労は取れてきていると思いますが、自律神経の疲労がどうかなというところですね。

4月3日(土)

・レスト

ここのところ週末は疲労困憊でぐったりしています。あまり寝過ぎても良くないということで、要らなくなったものを捨てることにしました。視界に入るものを減らせばそれだけ物事に集中できますし、脳のリソースを無駄に消耗せずに済みます。

4月4日(日)

・レスト

ウッカリ発芽させてしまった玉ねぎがありまして処分に困っていたのですが、こっそりアパートの裏手の土に埋めてみました。砂利混じりの土なのであまり良い土壌ではありませんが、強く生き延びて欲しいと思います。

一昔前に「花ゲリラ」が一部界隈でちょっとしたブームになりましたが、こういったゲリラ・ガーデニング行為は言ってしまえば不法行為です。あまり大っぴらに言うものではありませんし、他人様に迷惑をかけないようにしたいところですね。

4月5日(月)

・ヒールドロップ2種 15reps3set
・jog 30min

・体幹補強10種(各100)

ディトレーニングからの解凍期間です。今週はコンディションチェックと心肺・基礎筋力を少し戻すことに専念します。

4月6日(火)

・ヒールドロップ2種 15reps3set
・150m×5 r=wb

・プレート腹筋 10kg20reps3set

流しペースでの150m5本をメインに行いました。筋疲労自体は取れている気がしますが、全体的な重さが取れない感じがします。

4月7日(水)

・ヒールドロップ2種 15reps3set
・スタート調整

・体幹補強10種(各100)

本当はウエイトを入れる予定でしたが、ラックが占拠されていたので予定を変更しました。ブロックなしでシューズの条件下ですが、1時間くらい自分で動画撮影しては修正を繰り返しました。感覚的に良いものが得られたので、しばらくはこの今日の感覚を軸に加速部分を作っていきたいと思います。

4月8日(木)

・ヒールドロップ2種 15reps3set

昨日のスタート調整のダメージが順当に来ていました。シーズンに入ってくると、トレーニングのダメージや疲労の質は冬期とは違ったものになってきます。本来であれば今に至るまでの蓄積が生きてくるところですが、年々身体の状態も変わってきますので昨年・一昨年までの常識が通用しないこともあります。

4月9日(金)

・ヒールドロップ2種 15reps3set
・アクティベーションドリル
・体幹補強10種(各100)

明日は天気に問題が無ければ競技場トレーニングの予定なので、影響のないよう強度を下げました。アクティベーションドリルは2年前に先輩から習ったものを久々に復習。要は他の部位が釣られて動かないようにしながら狙った部位を動かしていくものです。やはり全体的な固さがあるので、この辺りはストレッチと組み合わせて継続的に修正していきたいです。

4月10日(土)

・ヒールドロップ2種 15reps3set
・スタート調整

天気自体は良かったのですが、いかんせん気温1桁と寒かったですね。今日は流しからスタートまでメタスプリントを使ってみましたが、慣れるまでもう少しかかりそうです。履いてみた多くの方が仰るように、非常に返りが早いです。シューズに任せてしまうと押す前に脚が返ってきてしまうので、スケールの小さい走りに繋がりやすいと感じました。

自分の中では左右への崩しも使って真下に圧を加えていく意識を持つと走りやすいと感じました。前捌き動作ができる人向けのシューズのように言われることもありますが、それ以前にしっかり地面に圧をかけられるタイプの選手向けかなというのが今のところの感想です。

4月11日(日)

・レスト

休日は割とグッタリしています。友人に競馬好きがやたら多いのでテレビで桜花賞を観ましたが、ソダシ強かったですね。桜花賞は1番人気が勝てない印象のレースですが、蓋を開けてみればジュベナイルフィリーズに引き続き接戦をモノにしました。来月のオークスからは距離が伸びてきますので、今回のようにサトノレイナスが末脚を炸裂させるパターンならどうなるか分かりませんね。友人達とはメイケイエールとエリザベスタワーの馬体が良いのではという話をしていましたが、メイケイエールは見事な逆噴射でしたね。今後は短距離路線に行くのでしょうか。なかなか人間のスポーツとは違った感じで面白いです。