向かい風参考記録

陸上競技 その他 いろいろ

【毎週金曜更新】チラシの裏から失礼します その46

f:id:Wetland:20191025193802j:plain

caution!

毎週金曜更新の雑記です。それ以上でも以下でもありません。

今週のチラシの裏

どうも、森です。

 

何のお題もないこのコーナーも46回目。

とりあえず1周年の52回までは連続更新したいと思います。

 

以下、第46回チラシの裏です。

雪虫の話

今週のはじめ頃、雪虫が大量発生していました。

北国在住には馴染み深い「雪虫」ですが、雪虫という名前は愛称だそうです。体長4mm程度で体色が白いアブラムシ数種がそう呼ばれているのだとか。

今回大量に湧いた雪虫は「ケヤキフシアブラムシ」といって、一般的に雪虫と呼ばれる「トドノネオオワタムシ」の仲間だったようですね。確かにいつもの雪虫とちょっと違う気がします。

「雪虫」の名前の由来は体色が雪のようであることと、発生後1〜2週間ほどで初雪が降ることが多いためと言われています。

今のところは降雪の気配は無いので安心ですが、10月で初雪は萎えますので勘弁して欲しいところです。

手帳の話

ちょっと気が早いですが、1月始まりのものを使っている方にとってはそろそろ次の手帳を吟味する季節でしょう。

まがりなりに数年の社会人生活を経て思うのは「気に入った物なら何でもいいじゃん」ってことくらいですかね。

社会人生活をしていると嫌でも毎日使うものなので、色味やサイズ、ページのレイアウトなどは自分が気に入ったものにするべきです。

特に本体+カバーというタイプの手帳のカバー選びは、100%自分の好きなものをセレクトしましょう。レザー製のものは質感が良い代わりに値段もそれなりですが、気に入ったモノがあれば思い切って買ってしまいましょう。

「迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段ならやめとけ」ってヤツです。

手帳に不満があれば1年間、毎日少しずつ不要なストレスを蓄積させていくことになりますが、気に入ったものが手元にあればモチベーションも上がるはず。

私はほぼ日手帳A6→A5→モレスキン(13×21)→高橋手帳(シャルム)といった遍歴なので、最近はカスタムできるカバーとはご無沙汰です。

どれも一長一短といった感じなので、今後何にしていくかは風任せですね。

手帳の話2

せっかくなので今までの手帳を簡単にレビューしていきます。

まずはほぼ日手帳。ページは薄いですが、書き味はダントツにほぼ日が好きです。

メインが1日1ページなので(月間・週間予定を書く欄もありますが、転記が二度手間になります)1週間単位でスケジュールを組むには…という感じ。スケジュール帳というよりダイアリー的な使い方だと良いかもしれないですね。

ビジネス手帳ですとその日のタスクで記入欄が埋没してしまいがちで、後から見返してもその日の感情なんかは思い出せません。その日はどんな気持ちで、どういう日だったか。ほぼ日手帳は後から見返すとライフログ的な仕上がりになります。

あと、ほぼ日はカバーが毎年変わるので、気に入ったのがあれば絶対に買っておきましょう。次の年に絶版していて泣くことになります。

それにしてもこのどせいさんのカバー、いいですね。

 

モレスキンは+αの付加価値というかブランディングが上手いなぁと思います。無機質でシンプルな感じもミニマリストにウケが良いです。

ノート自体は角が丸い表紙とノートを束ねるゴムバンド、そして内側のマチ付きポケットというスタイル。全てのノートブックには品質管理番号が封入されているという意識の高さが特徴です。

また「モレスキン」は1997年にイタリアのミラノで誕生したそうですが、源流を辿ると約2世紀を遡るといいます。

その元となったノートはゴッホやピカソ、へミングウェイなどそうそうたるアーティストに愛されてきた伝説的なノートブックだったそうな。

とはいえ、このノートを使ったからといってクリエイティブな発想ができるようになるわけではありませんし、製法を推している割には紙質が安っぽいです。書き味もザラ紙っぽい感じ。

 

高橋手帳は値段の割にはレザー調の外装で安っぽくなく、ウィークリーの記入欄が使いやすいです。

余計な死にスペースも少なく、本体の厚さも抑えられています。

ただ、ウィークリーは予定と実際のタスクくらいしか記入する欄がないため、打ち合わせの記録などを書き出すとスペースが足りなくなります。

10分15分くらいの打ち合わせなら良いですが、1時間とかになるとかなりキツいです。ここだけはちょっと悩ましい。

暗色ですと無個性ですので、ちょっと明るい色を選ぶと良いでしょう。私はターコイズブルーのものを使っています。

次は何の手帳が良いですかね。オススメのがあれば教えてください。

 

以上、チラシの裏でした。また金曜にお会いしましょう。

今回はここまで。