向かい風参考記録

北国在住。陸上競技、その他 いろいろ。

陸上競技、その他 いろいろ。

完全に私見で100m10秒台に突入する方法を語る

ブログランキング・にほんブログ村へ
実験的にバナー設置中です。

 

 

4の5の言わずガンガン走って死ぬほど筋トレしなさい。 以上

 

結論から述べますと、「完全にコレです」といった方法はありません。

 

私見ですが10秒台に突入できない、あるいはできなかった選手のほとんどは「時間が足りなかった」のではないかと思っています。

 

 

 

 

1 トレーニングのイメージなど

 

 

 

 

断言しますが、特に成長期であれば

 

 

ガンガン Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)PDCAサイクル

を回していければ記録は伸びていきます。

PDCAサイクルの説明は面倒なので検索するかおうちでおとうさんにきいてみよう。

 

 

 

ただ、小・中学生の段階で自主的にこういった取り組みができる選手は少ないです。

高校生からしっかり練習記録をとったとして、時間は実質2年ちょっとですから

 

流れに任せて普通にやっていれば、やはり圧倒的に時間が足りません。

 

 

 

強豪校などは環境が良好なのも記録向上の一因ですが、

こうしたサイクルの中の試行錯誤をものすごく圧縮しています。

 

指導者の先生がその仕組みを作っているのか、部の風土なのかはそれぞれですが。

 

 

 

 

話が少し脱線してしまいました。月並みな表現ですが

10秒台突入には技術・フォーム以前に当たり前のことを、当たり前に」積み上げていくことが大事です。

 

 

 

 

ネット上では「誰でも100m10秒台で走れる!それにはちょっとしたコツが…」

 

みたいな情報商材が散見されますが

 

うるせータコって感じです。

 

 

 

 

 

 

今の時代、Youtubeツイッターなどで100mの高画質な動画が見られますので

是非10秒8〜9台の方の動画を見ていただきたいです。

 

 

意外と動きが粗く見えませんか?

「全くアラが見えない」という人は10秒台到達までもう少しかかるレベルの選手だと思います。

 

 

 

私見ですが、レースパターンや動きが洗練されてくるのは10秒6台あたりからではないかと思います。

事実、この記録帯あたりの選手は無風・悪天候・向かい風の条件下でも10秒台でまとめる力があります。

 

 

 

 

10秒8、9台くらいであれば、条件さえ良ければ

技術・レースパターンに多少のアラがあっても突入できます。

 

具体的に言えば「スタートが速いけれど後半失速する」「後半伸びるけれどスタートが遅い」みたいな問題を棚上げしてても何とかなります。

 

そういった欠点を何とかしなくてはならないのはもう少し先の段階です。

 

 

抽象的な表現で申し訳ありませんが、アプローチとしては

自分の良い点、得意なポイントにフィジカルを足していくイメージです。

 

 



2 「お、これは…」と思った情報

 

 



Yahoo知恵袋の質問でも「足が速くなる方法」はかなりの数ありますが、

ざっと見たところ、回答のほとんどがクソの役にも立たない情報です。

 

 

 

 

回答で「お、これは本当に10秒台持ってる人の実体験っぽいな」と思ったのはこれです。

 

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

(以下引用)
11秒4の持ちタイムで大学卒業までに10秒台の可能性があるかといえば現状ギリギリラインになります。
質問者さんがフォームどうこうと記載していますが、それ以前に膨大の走り込みを行わないとまず無理です。
フォームの改善や走り方を研究しだすにはまだ早い段階です。
(中略)
10秒台を出すにあたって、流した状態(風+-1程度)で11秒フラット辺りをうろうろしていなければ難しいです。
好コンディションがそろえば10秒台が見えてくるという事になるでしょう。
まず走り込みをして自分のスプリント力を上げなければまず無理ですね。
週3程度の練習じゃはっきりいって無理です。
短い距離なんかじゃなく300とか250とか一日に何本もガンガン走って吐きそうになるぐらい追い込まないと難しいでしょうね。

 

 

 

私も中3で11"8、高1で11"42、高2で11"17(-2.5)10"77(+6.4w)
、高311"16(-0.9)ですので似たような推移をしています。


高3のこれからという時に肉離れをしてしまってシーズン終了というところまで同じです笑

 

 

 

 

構成考えずに打っていたら

長くなったので分割します…。

 

後編

wetland.hatenablog.com