向かい風参考記録

北国在住。陸上競技、その他 いろいろ。

陸上競技、その他 いろいろ。

社会人スプリンターのリアルについて、好き勝手書く

ブログランキング・にほんブログ村へ
実験的にバナー設置中です。

【2018/12/2 リライト】

どうも、森です。

ありがたいことに、最近なぜかこの記事にもアクセスいただいています。

ゴチャゴチャして見づらい部分を多少修正しました。

 

最近、100m10秒02(現・日本歴代4位)のレジェンド、朝原宣治さんの復帰でマスターズ陸上界が活気づいていますね。

8月の北海道マスターズでは11"30と、上々の仕上がりのようです。

最近はマスターズ、社会人クラブチームも出てきましたが、まだまだ「短距離走は学生で終わり」という人は少なくありません。

私も社会人として大会に参加し始めて6年になりますが、今回は競技者側からみたリアルを書いてみたいと思います。

社会的に孤独

…いきなりネガティブな見出しで申し訳ありません。

「陸上競技やってます」というと大体

「へぇ、マラソンとか出てるの?」という反応をされます。

そのくらい「社会人スプリンター」はどマイナーな存在です。

社会人のランナーは市民権を得ましたが、スプリンターはまだまだ肩身が狭いのが現状です。


陸連登録者数自体は年々増えているものの、多くは中高生や市民ランナーです。社会人になってまで短距離を続ける、というのはまだまだハードルが高いのでしょうか。

競技人口については厳しい現状

2017年は年齢別日本ランキングが集計されていましたが、30歳前後ともなると100m10秒台に入れば相当上位という感じでした。

やはり学生が途切れる24歳前後以降は競技人口がガクッと減ることがわかります。マラソンランナーのように社会人でまとまって練習、ということもあまりしません。

周囲の理解を得るにも苦労が 

世の中はマイノリティにはまだまだ厳しいですから、環境によってはなかなか周囲の理解が得られないこともあります。
これは「健康のためのスポーツ」ではなく「競技志向でスポーツ」をしている社会人全般がブチ当たる壁かもしれません。


学生スポーツは「学業と両立していて素晴らしい!文武両道!」なんて称賛しておいて、いざ社会人になると「社会人にもなってスポーツにうつつを抜かしやがって」という人はいます。残念ながら。


冗談で言われてもヤな気分になりますよね。

経済的にもしんどい

これは、シリアスに競技をしている人は割と皆さんそうではないでしょうか。

「記録や順位を狙っていく」となりますと、様々な費用がかかります。


・大会エントリー料
・移動・宿泊費
・グレードの高い道具
・サプリメント・ケア、トレーニング用具 etc...


「好きでこの趣味やってるんでしょ」と言われれれば全くそれまでなんですが、学生の頃のように遠征はバス、大会エントリーも補助が出ます!なんてことは全くないです。


大会で結果を出せれば、実業団選手でなくとも用具提供など受けられることもあるようです。しかし、なかなかそんなことはないでしょう。
用具やサプリメントは健康志向でスポーツをしている人よりもグレードの高いものを選ぶことになります。

公的な補助は無し

基本的にどんなにレベルが高かろうが、実業団やプロ選手でなくては「趣味」という扱いです。

社会人にはフルタイム勤務ながら日本選手権や全日本実業団の標準を突破する凄い方々もいますが、基本的には全額自腹。
私の友人も日本選手権、全日本実業団やその他大会に出場していますが「1回20万円くらいは飛んでいく」と言っていました。


国や自治体も学生への支援はありますが、社会人に対して補助を出している自治体は殆どないです。
「支援しろ!」と乞食じみたことを言うつもりはありませんが、せめて全日本クラスの大会出場者に交通費助成くらいは…という思いはあります。


家庭を持ったりしながら競技をするとなると、やはり経済的な負担は拭えません。
「文化」「生涯スポーツ推進」を謳っておきながら「社会人は自由にやってくれ!宜しく!」みたいに放置している自治体の何と多いことか…。

モチベーションを保つのが難しい 

仲間内でも「陸上競技は趣味か」と言われると「どうなんだろうね」という話になります。

 

社会的にはもちろんこれで収入を得ているわけではありませんから「所詮は趣味」止まりでしょう。

しかし、シリアスに陸上競技をすればするほど「陸上競技で気運転換!」とはならないのも事実です。むしろストレス源です。


陸上競技は社会人になると、大きな大会は地方選手権や実業団大会になります。
「毎年7月の大会で6位に入れば次のグレードの大会に出られる!みたいな一本道ではなくなるわけで、良く言えば「自分のペースでやれる」わけですが「インハイ、インカレ路線で勢いに乗る」ことができなくなるわけです。

それでもって、前述の2つの問題が相乗してのしかかってきます。まして結果も中途半端ともなると、結構しんどい状態になります。

 

…2018年シーズンの私がまさにそんな感じでした。笑

もちろん良いこともある

ネガティブな側面ばかり書きすぎた感がありますので、良いことも書いておきます。 

 

社会人スプリンターの良い所は、同じような境遇の人とソッコーで仲良くなれることです。ツイッターの界隈なんかはそのへん活発です。
変な派閥もありますが
社会人になってから自己ベストを更新して10秒台に突入した!みたいな方もけっこういて「時代は変わったなぁ」と思います。


一昔前は「社会人競技は学生の延長上、良くて維持」のような風潮がありましたが、今はそんなことはないですね。

最後に…

ここ数年「何とかならないかな」と思っている問題は高卒社会人の競技環境、受け皿です。

大学まで進学して競技を続けた選手は、自分に合った練習のパターンもある程度確立できているので卒業後も競技を続けているのを見ます。

 

が、高校まで一所懸命陸上をやっていて、何だかんだ不本意な結果に終わってしまって

競技を続けたい思いもあるけれど、どうしたらいいか…と「何となく」競技から離れてしまう。

練習も基本的には部のメニューをやっていたので一人でやっていく自信もノウハウもない、という選手が多い気がします。

 

どうにかならんかな、とは思っていますが いかんせん優先度が低いと見なされがちな問題です。

草の根的にやっていくしかないですかね。 

 

今回はここまで。