向かい風参考記録

陸上競技 その他 いろいろ

【毎週金曜更新】チラシの裏から失礼します その51

f:id:Wetland:20191129213347j:plain

caution!

毎週金曜更新の雑記です。それ以上でも以下でもありません。

今週のチラシの裏

どうも、森です。

 

久々にバーベルを使ったトレーニングをしたところ、翌日に風邪をひいてしまいました。

熱は無くて喉が少しイガイガする、鼻水が多量に出るタイプの風邪です。栄養・休養の量的な確保に努めたいと思います。

   

以下、第51回チラシの裏です。

風邪の話

「森さん、完全に風邪ひいてる人の顔ですよ」と同僚に言われました。

「風邪ひいてる人の顔って何やねん」と返してしまいましたが、考えてみるとヒトの顔や表情筋というのは非言語(ノンバーバル)コミュニケーションのための器官です。

ヒトは社会的動物ですが、全ての情報を言葉として開示しているわけではありません。

群れで生活する上では体調の優れない者に重要な作業を任せるべきではありませんし、ケースによっては感染のリスクを排除するため、一時的に隔離する必要があるかもしれません。

感染する病気ではありませんが、例えばパーキンソン病には「仮面様顔貌」という顔貌に関わる症候があるようです。

傷病者や病状の程度を半ば無意識にスクリーニングする材料として、表情は重要なのかもしれません。

ですから「風邪の表情」というのもあながち馬鹿にできない表現だなと思った次第です。

話題の人の話

スポーツ界で今話題といえばこの方でしょう。

今でこそ地域密着球団として盤石の地位を築いたファイターズですが、本拠地が北海道に移転されることになった当時、北海道は巨人ファンが圧倒的多数。ファイターズは好き嫌い以前に認知もされていなかったと思います。

そこで2004年からの移転・始動に合わせ、メジャー帰りの新庄氏が加入。入団会見では「札幌ドームを満員にする」「チームを日本一にする」と宣言しましたが、当時は誰も本気にしていなかったと思います。

というのも当時、北海道でTV放送されるのは殆どがセリーグの試合。ですから「これからはパリーグの時代?何だそりゃ」という感じでした。

しかも当時のファイターズは1962年を最後に、1度も優勝していませんでした(リーグ優勝も1981年が最後)。

ところが2006年のシーズンには何と日本一を達成。札幌ドームも本当に満員にしてしまいました。しかもこれが新庄氏にとって初の日本シリーズであり、引退の年。漫画の登場人物のような野球人生でした。

現在47歳。やはり一線級まで戻すのは厳しいとの声がありますが「もしかすると」「もし復帰したら見てみたい」と世間に思わせる力があるのは凄いの一言です。

見る限りスポーツは続けていたようなので、身体は仕上がっている印象です。あとはどこまで野球に適応できるのか…期待しましょう。

 

以上、チラシの裏でした。また金曜にお会いしましょう。

今回はここまで。