向かい風参考記録

陸上競技 その他 いろいろ

【毎週金曜更新】チラシの裏から失礼します その47

f:id:Wetland:20191102113050j:plain

caution!

毎週金曜更新の雑記です。それ以上でも以下でもありません。

今週のチラシの裏

どうも、森です。

疲労が蓄積しすぎて寝落ちしてしまったので、遡って書いております。

今年もあと残すところ2ヶ月。本当に1年が早いですね。

 

以下、第47回チラシの裏です。

続・東京オリンピックの話

五輪の華、マラソンが東京から消えた。正午、東京・晴海の4者協議会場でIOCのコーツ調整委員長が札幌への移転決定を告げた。

小池氏は眼光鋭く出席者を見回して言った。「あえて申し上げるなら、合意なき決定だ」。

招致決定から6年。都が約300億円をかけて整備した遮熱性舗装などの暑さ対策、沿道の応援を楽しみにしていた子どもたちの夢が、水の泡となった。

日刊スポーツ より引用

会場変更騒動が決着。札幌市開催となりました。

開催国よりIOCの権限・裁量が大きいことに、違和感を覚えた方も多いのではないでしょうか。

コースは札幌マラソンがベースになるそうですが「見所がない」などという声もあるそう。アスリートファーストという言葉が上滑りしていますね。

このコースは市中心部を東西に広がる大通公園が発着点。10キロ付近まではアップダウンがあるが、その後はほぼ平たん。道幅が広くて見通しが良く、シンプルな設定となっている。

緑が豊かな北大のキャンパスを通過するなどしゴールに向かうが、新国立競技場発着で銀座や浅草など名所を通る東京のコースと比べると見どころが少ないとの声もあり、今後の調整も想定される。

札幌ドームをコースに入れるのであれば改修は必須でしょうし、各種調整も大変な労力と期間を要します。開催まで1年を切っている中で、どこまで調整が効くかは疑問です。

冬は積雪で路面の舗装もできませんので、限られた期間の中で何百億を動かすことになります。今はまさに次年度の予算編成が始まる時期なので、担当者はしばらく電卓と格闘することになるでしょう。

上の方の決定で振り回されるのは事務担当なので、このあたりは労務環境が悪化しないような配慮が必要だと思いますよ。

本の話

いわゆる「◯歳までにすべき◯◯個のこと」「後悔しないためにすべきこと◯◯選」系の自己啓発本というものが苦手で避けていました。 

だいたいすべきことが20〜30もあって「やりたいことリスト」系になると100くらいになってくる。はっきり言って、両手で扱える数以上のことを身一つでコントロールしようという考えはどうかと思うわけです。

リストを消化することが幸せなら良いですけれど、幸福は自分で決めたらいいんじゃないですかね。

数の少ないものを探していくと、中にはピックアップされる項目が1ケタに収まるものもあります。

終末期ケアで多くの患者を看取った方の本だそうですが、死期に差し掛かった患者が人生を振り返り最も後悔することは次の5つだそうです。

・自分を幸せにしてやればよかった

・他人の期待に沿うための人生ではなく、自分がやりたいことをやっておけばよかった

・仕事ばかりしなければよかった

・自分の本心を伝えておけばよかった

・友達と連絡を絶やさないでおけばよかった

終末期ケアでの話ですので、そこまで辿り着けず若くして亡くなる方はもう少し違った結果になるかもしれません。

人間死んでしまえば親族以外には2週間くらいで忘れられます。「社会のため」「公共のため」と息巻くのも良いでしょうが、最終的には自分自身の幸福に主軸を置くべきなのではないかなと思った次第です。

 

以上、チラシの裏でした。また金曜にお会いしましょう。

今回はここまで。