向かい風参考記録

陸上競技 その他 いろいろ

【毎週金曜更新】チラシの裏から失礼します その31

f:id:Wetland:20190426215723j:plain

【caution!】

毎週金曜更新の雑記です。それ以上でも以下でもありません。

今週のチラシの裏

どうも、森です。

ようやく喘息→風邪のコンボを脱出しました。喉は少しイガイガしますが、あと一歩で完治という感じです。

  

以下、第31回チラシの裏です。

ブログアンケートの話

先週に告知したアンケートを〆切ました。1週間って早いですね。

早速結果を発表したいと思います。

まずは気になる回答数ですが、全2件でした。

f:id:Wetland:20190712215922p:plain

▲圧倒的なグラフ

デイリー500PV以上あって1週間で2件というのはどうなんだという気もしますが、ご回答いただいた方はありがとうございます。

意外だったのは雑記系とレビュー系に票が入ったことです。

せっかく投票していただいたので、近々雑記・レビュー系を幾つか増やしていきたいと思います。

アンケートは気が向いたらまた実施したいと思います。

葛飾北斎の話

葛飾北斎といえば富嶽三十六景などで超有名な浮世絵師ですが、住まいと名前(雅号)をコロコロ変えたことでも有名です。

引っ越しは90回以上、雅号も30回以上変えたということで現代のノマドワーカーもビックリですね。絵を描くことにパラメータを全振りしたような人物だったようで、部屋もメチャクチャ散乱していたとか。

平均寿命50年くらいの時代に88歳(数え年で90歳)まで生きたそうで、亡くなる前の雅号は何と「画狂老人卍」。

画狂老人卍の雅号のまま亡くなったため、東京の元浅草にある誓教寺には「画狂老人卍」の墓があるそうな。画狂老人卍。声に出して読みたい日本語ですね。

北斎が75歳の時に出版された絵手本『富嶽百景』初編の最後にある跋文です。

6歳の頃から絵を描いてきた北斎は、70歳以前までに描いた絵は取るに足らないもので、73歳にしてようやく動植物の骨格や出生を悟ることができたと述べています。そして、80歳ではさらに成長し、90歳で絵の奥意を極め、100歳で神妙の域に到達し、百何十歳になれば1点1格が生きているようになるだろうと、100歳を超えてもなお絵師として向上しようとする気概を語っています。

(中略)

死の直前、北斎は、「天我[てんわれ]をして五年の命を保たしめば、真正の画工となるを得べし」と言ったといわれます。

すみだ北斎美術館 より引用 

雅号のパワーワード感はともかく、まさに生涯現役といった人生だったようです。

これだけ夢中になれることがある人生って良いですよね。憧れます。 

FC・GB音源の話

制約の中に美は生まれる。元がどなたの言葉かは存じませんが、スポーツではハンマー投げの室伏 氏が折に触れて仰っていました。

スポーツにおける制約とはルールであり、投擲物の重さやサークルの広さに制約があるからこそ創意工夫、美がそこにあるのだというのです。

ではBGMにおける制約とは何かと考えると、音色やトラック数が真っ先に浮かびます。

今でこそゲームの音源は膨大な音色・トラック数を扱えるようになりましたが、FCやGBの音源は音色のバリエーションは殆どなく、トラック数は4つしかありませんでした。

それでも「雪国っぽいBGM」「ホラーっぽいBGM」「水中ステージっぽいBGM」があるわけで。

個人的に「コレは凄いな」と思った音源を4つご紹介します。

MOTHERより「snow man」

スノーマン、の名前のとおり雪国の曲です。

当然エコー部分も手打ちでエコーっぽくしているのでしょうが、雪原に音がこだまする感じがして凄く雪国っぽいです。

MOTHERシリーズでは「ポリアンナ」と同じく2、3でも登場する皆勤賞の曲ですね。 

ちなみにアレンジも良いのが沢山世に出ています。 

 

カンヅメモンスターより「かぜのささやき」

あ◯みょんの曲とは関係ありません。

デジモンとたまごっちを折衷してカードバトルの要素を加えたゲームです。

モンスターを育成しながら各バトルアリーナを制覇するという目的があります。

スーパーマリオランドより「チャイ王国ステージ」

1989年発売のGBソフト「スーパーマリオランド」より。

ステージのとおり中国っぽさを意識した曲になっています。GB音源とトラック数でここまで中国っぽさを出せるのは凄すぎます。

このスーパーマリオランド、売れに売れまくったらしく400万本以上売れたらしいです。

ゲームソフトは10万本売れたらとりあえずヒットですから凄まじい売上です。

源平討魔伝より「義経ステージ」

色々ブッとんだ出来で評判だった「源平討魔伝」。主役に平景清を据えるというシブさよ。

というか風貌が完全に悪役のソレ。

正式な曲名がちょっとわかりませんが、義経が敵として出てくるステージの曲です。すっごいプログレっぽくて好きです。

プロモーションにはお金をかけていたようで、実写映像もあります。

90分枠の大河ドラマとして観てみたいです。面白そう。

 

以上、チラシの裏でした。また金曜にお会いしましょう。

今回はここまで。