向かい風参考記録

陸上競技 その他 いろいろ

週間練習記録:4月22日〜4月28日

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/W/Wetland/20190428/20190428231433.jpg

どうも、森です。

先週は最高気温20度、昨日は降雪。体調に気をつけなくては。

ねらい・目標

緩いペースの中で身体をコントロールする

体力的にはもう少し積む系を入れる

練習内容

4月22日(月)

・芝生jog30分

腓腹筋の様子見。

違和感はほぼ無くなったので大丈夫だとは思う。

4月23日(火)

・ウエイト

・レッグプレス〜レッグカール〜スクワットジャンプ〜ベンチプレス

・パワーマックス(4kp7秒×7set)r=2m

ウエイトメニューはしつこく固定。

ベンチの力感も少しは戻った。ノンアップの80kgの5×5が苦にならないし、〆の85kgの5発も何とかなった。

パワーマックスはメニューを固定して安定した反面、突き抜けた数字が出せなくなってきた。本当に200回転を7発することに順化してしまった感じ。

シーズン入りしたらセット数を減らして回転を上げようか考え中。

4月24日(水)

・10分jog

・ストレッチ

・ドリル

・流し150m×2

・200m×3 設定26秒台(26"4-26"5-26"9)r=10m

・補強

・10分jog

中旬あたりかたジクジク来だした腰痛が再び。

仕事中座っていても痛むので、痛まないポジションを探していたら「カチッ」とポジションがハマった。

具体的には首を後ろにちょっと引いて、それに釣られて胸が立つ感じ。頭が背骨の上に来て楽に立位を保持できる。

お腹には力が入っている感覚なんだけれど、実際お腹を触っても腹筋はそこまで力が入っていない。ちょうど大腰筋のあたりが盛り上がっていたので、たぶんこれが大腰筋を使えるポジションなんだと思う。

4月25日(木)

・レスト

ハマるポジションを一瞬体感できたとはいえ、走り出すとポジションが簡単にズレる。

いかに走る運動が手足を振り回しているかがわかる。

4月26日(金)

・鍼治療

・30分jog

腰痛の治療。今回は結構いい所に入った気がする。

ただガッツリ緩みすぎて走れる状態ではなくなったのでジョグで我慢。

4月27日(土)

・10分jog

・流し60m×2

・登坂(30m-60m-90m)×4

・10分jog

疲労が抜けてスピードが出そうな日は、敢えて負荷をかけてスピードに待ったをかける。

それでも右ハムストリングの奥がちょっと硬い。平地で全開で走るのがちょっとおっかない。

4月28日(日)

・10分jog

・ストレッチ

・ドリル

・流し150m×2

・250m×2 設定35秒切り(32"6-33"4)r=20m

・スタート練習

・10分jog

室内トラックでのトレーニング。調子は上々で、流しでの踏み込みもバネがある感じで市民ランナーからガン見された。

惜しむらくは途中で腹痛になり、250mの1本目が終わって15分くらいトイレの神様と化してしまったこと。

2本目は筋温も下がってしまったし、心拍数もちょっと落ち着きすぎていたので35秒はかかると思ったが、何とかなった。

昨シーズンは250m29秒フラットがせいぜいだったが、今シーズンは多分29秒を切れると思う。それが200mや100mの結果に直結するかと言われるとどうなんだろう。

総評 

比較的長い距離を80%-90%くらいの設定で走った効果を体感できるくらいになってきた。

明らかに走った後の疲労度、リカバリーに要する時間が短くなった。

とはいえ、トレーニング効果というのは刺激に対する適応であって、今の段階は80-90%で200〜300mを数本走るのに順化しただけとも言える。

事実、スピードを出して走ろうとするとちょっと脚が怖い感じがする。

ここからショートダッシュを入れたり、より速いスピードで距離を踏まなくては脚がレースペースに適応できない。

連休中はスパイクを何回か履いて解凍モードに入る。