向かい風参考記録

陸上競技 その他 いろいろ

チラシの裏から失礼します その7

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/W/Wetland/20190119/20190119225901.jpg

どうも、森です。今週も何とか生き延びることができました…。

今回もユルい感じで更新していきます。

今週のチラシの裏

やっと適切なストーブのタイマー設定時間が掴めました。ズバリ、6時キッカリです。

1月20日の大寒も過ぎ、徐々に日も長くなりましたが2月いっぱいくらいはこの寒さが続きます。ひとまずはこのセッティングで戦ってみたいと思います。

以下、第7回チラシの裏です。

セルフブランディングの怖さ

まさに今がSNS最盛期といえる現代、実名顔出しで営利・非営利活動をするのは当たり前になってきています。

私のような、テキストサイトが下火になる直前くらいにインターネットを見始めた世代は隔世の感があるのではないでしょうか。

セルフブランディングの黎明期は匿名で活動→実績を上げる→実名で活動開始…というプロセスがあったのに対し、今はいきなり実名スタートの人が多い気がします。

リスクとしては、1度の失敗が後々まで響くことでしょう。故意・過失を問わずというのが怖いところ。

「◯◯の件では軽率な発言があり、申し訳ありませんでした」と謝罪したところで、「反省したところでコイツは心の中ではこう思っている奴」と思われるわけです。

何でこんな話をいきなり書いているのかと言いますと、友人の一人がそういう活動を始めそうな空気がありまして。果たして大丈夫かな〜と思った次第です。上手くいくといいんですけど。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

「ネットで超絶嫌われている人」っているじゃないですか。誰々とは敢えて申し上げませんが。

んでもって、この「嫌われている人」の発言って「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」状態になっていて、何を言っても批判されるわけです。

「セブンイレブンのシュークリームを食べました、おいしいです!」と書こうものなら「何食ってんだ、くたばれ」「シュークリームが可哀想」みたいなリプがバンバン飛んできますよね。

でも、こういう人の言うことも先入観を取り払って見ていくと学びがあるんですよね。何も1から100まで嘘や自己顕示欲にまみれているわけではないといいますか。

…まぁtwitterでフォローする気は微塵も起きませんが。笑

蕎麦の話

「こいついつもラーメンばっか食ってんな…」と思われてもアレですので、今回は蕎麦の話。これほど価格帯や量にばらつきのある料理もそうそうないのではないでしょうか。

サッとファストフードのような感じで出てくる蕎麦は、その多くが小麦粉。実質うどんのような材料で作られています。一方、高い蕎麦は美味しいんですが量が少ない。

ちょっと良い店に行って満足するまで食べると2,000円くらいします。コレが家庭持ちですと4,000円、6,000円になっていくわけですから、高い蕎麦屋にフラリと行けるのも独身の良さの一つです。

価格・量・味のトータルバランスが取れた店は中々見つけられません。探訪活動を継続したいと思います。

f:id:Wetland:20190125224814j:plain▲ちゃんとした蕎麦屋の海老天蕎麦って高くないですか? 

そばキチ漫画の金字塔「そばもん」でも「海老天蕎麦は難しい」と言われていたと記憶しています。なんでも普通の天ぷらの要領で作ると衣がグズグズになるとか何とか…。

こんなことを書いていたら、久々に竹老園に行きたくなりました。冬ですけど遠出して行ってしまおうかな…。

 

以上、チラシの裏でした。また金曜にお会いしましょう。

今回はここまで。