向かい風参考記録

陸上競技 その他 いろいろ

【スポット】北海道の秘境・苔の回廊を往く〜楓沢ー風不死岳ルート・その1 モラップキャンプ場編

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/W/Wetland/20180923/20180923205459.jpg

どうも、森です。

 

昨日は、前から気になっていた

楓沢〜風不死岳のトレッキング・登山に行ってきました。

 

この楓沢からのトレッキングルート・通称「苔の回廊」

登山やトレッキングをする人の間では知名度の高い、

いわゆる「マイナーメジャー」なスポットです。

 

長くなりますので、全3回に分けてお送りします。

 

 

 

苔の回廊とは

苔の回廊とは

苔の回廊北海道・千歳市の支笏湖近辺に存在する枯れ沢の通称です。

数百年前の火山噴火により形成された地面が水の流れで浸食され、

回廊状の跡地に苔が群生していることからこのように呼ばれているそうです。

 

所在地・行き方は? 

 

アクセスは、支笏湖沿岸の支笏国道からの徒歩ルートとなります。

秘境の割にはアクセスが非常に良いのが特徴です。

札幌からであれば1時間半ほどで徒歩ルート入り口まで行くことができます。

 

 

モラップキャンプ場に前泊

そもそも日帰りじゃだめなの?

今回の苔の回廊、実はよほど遠隔地から来るわけでなければ

日帰り圏内です。

 

しかし、今回は下記の事項を加味して前泊することに。

 

・トレッキング〜登山のルートなので体力を万全にしたい
・同行者がいるので合流待ちのロスを無くしたい
・道具の持ち忘れなどに対応できるようにしておきたい
 

 

ということで、友人のヤマ君と合流し、買い出しの後、モラップキャンプ場へ。

 

f:id:Wetland:20180923203649p:plain

 ▲ヤマ君

 

さすが支笏湖、ロケーションは最高

 

 

このモラップキャンプ場、以前に恵庭岳登山をした時にも宿泊したのですが

支笏湖のすぐそばがテントサイトなので眺めが抜群に良いです。

 

f:id:Wetland:20180923205459j:plain

▲朝の支笏湖

 

携帯は圏外なので注意

これはこのキャンプ場に限ったことではないんですが、

支笏湖近辺は一部携帯の電波が弱いです。

(キャンプ場トイレ付近はアンテナ1レベルくらいありました)

 

楓沢も携帯が圏外の箇所がほとんどでしたので

事前にルートは調べて(ネットで調べた場合はスクショして)

資料を手元に持って行くことをお勧めします。

 

いざ楓沢まで

駐車場問題 

苔の回廊あまりオフィシャルな観光地ではありませんので

駐車場がありません。

 

涸れ沢の入り口は橋ですので、橋の脇に若干の駐車スペースがありますが

せいぜい1、2台分くらいですので大体埋まっています。

 

したがって、キャンプ場外の広い駐車場から国道を歩いていくのが良いでしょう。

だいたい2キロくらいなので、トレッキング前の準備運動になると思います。

 

 

f:id:Wetland:20180923211704j:plain▲車内に貴重品は放置しないように

 

f:id:Wetland:20180923211844j:plainf:id:Wetland:20180923211852j:plain

▲エクストリーム自転車置場

 

この時点で日帰りの方もトイレは済ませていきましょう。

ヤマ君は朝の時点で3回トイレに行きました。

 

f:id:Wetland:20180923203649p:plain

 ▲風邪気味のヤマ君

 

入口は紋別橋

入口の紋別橋までは一直線ですので特に迷うこともないでしょう。

ただ、国道はかなり飛ばしている車が多いので注意が必要です。

 

f:id:Wetland:20180923212541j:plain▲腹痛から復活したヤマ君

 

f:id:Wetland:20180923212545j:plain▲看板もあるのでわかりやすいです

 

f:id:Wetland:20180923212552j:plain

f:id:Wetland:20180923212555j:plain

▲この涸れ沢を登って行きます。

 

 

f:id:Wetland:20180923212940j:plain

▲ダンジョンへの侵入者を排除するトラップっぽい木

 

 

今回は9時過ぎくらいにこの入口地点に到着しました。

 

トレッキングのみであれば、10時過ぎ着でも問題ないと思います。

風不死岳登山もするのであれば、実際にはもう少し早く着くべきでした。

 

 

いきなり若干出遅れてしまいましたがどうなることやら…。

 

その2に続きます。

www.mukai-kaze.com