向かい風参考記録

陸上競技 その他 いろいろ

天空に近いマイナー絶景スポット、雨竜沼湿原を訪ねる

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/W/Wetland/20180822/20180822215337.jpg

caution!

本記事は2018/8/23に投稿されたものをリライトしています。

北海道には大小様々な湖沼が存在します。

規模の大きな湖沼は往々に景勝地として有名ですが、アクセスが良くないことからマイナー化しているものもあります。

今回はそんなスポットのひとつ「雨竜沼湿原」の話題です。

概要

「雨竜沼湿原」は北海道の北部、雨竜町に存在する国定公園自然保護地区です。

標高約900ほどの高地にあり、100ヘクタール余りの広大な面積を誇りますが、四方が山に囲まれており外部と隔絶された空間となっています。

大小700以上の沼が点在しますが、いずれも河川への接続がないため法律上は「大きな水溜り」だそうな。

アクセス

スタート地点の雨竜沼湿原ゲートパークキャンプ場まで旭川からは1時間30、札幌からは2時間30分ほどを要します。

直近の雨竜町からでも40分程度かかりますので、必然的に車でのアクセスが最良でしょう。

雨竜沼湿原ゲートパークキャンプ場から湿原に入るには1時間30分ほどかかります。木道を周回して帰る場合でも、日帰りでは早朝出発が必須です。

キャンプ場のロケーションが良好なので、できれば前泊をお勧めします。 

所要時間

湿原までの道のりが1時間30分、湿原の木道が1週約4km弱。休憩や写真撮影でかなり所要時間が変わってきます。

これに南暑寒別岳の登山を加えるとかなりの時間・体力を要します。私は南暑寒別岳に登った復路でハンガーノック気味になってしまい、8時間程度を要してしまいました。 

周辺を散策してみる

今回は雨竜沼湿原ゲートパークキャンプ場で前泊しました。コンパクトながら地形もフラットでトイレも綺麗です。 自家発電施設らしきものがあり、山奥なのに水洗で感動しました。

f:id:Wetland:20180822221201j:plain

▲整備が行き届いている

湿原への登山道はさほど険しくはありませんが、一通りの登山・トレッキング装備は必要でしょう。熊も出没する地域ですので、熊鈴も必須です。 

f:id:Wetland:20180822221352j:plain

▲道自体は迷うような箇所もなく快適

f:id:Wetland:20180822221356j:plain

途中には「白竜の滝」と呼ばれる滝もあります。

時間にいくらか余裕があれば、ぜひ寄り道してみて下さい。

入り口から木道へ

そこそこ健脚なら1時間30分、ゆっくり歩いても2時間ほどで湿原の入り口が見えてきます。

国定公園特別保護地区ということで、外来種の持ち込みは厳禁。種子をウッカリ持ち込まないよう、入り口の川で靴の裏を洗っておきましょう。

f:id:Wetland:20180822221729j:plain

f:id:Wetland:20180822221732j:plain

▲木道を外れてはいけない

まさに壮観

この雨竜沼湿原は隔絶された空間ですので独自の植生、生態系があります。アブこそいますが、北海道の山につきもののスズメバチがいません。

標高が高いので空が近く感じ、ひたすらゆったりした風が流れていきます。まさに壮観です。

f:id:Wetland:20180822224249j:plain

f:id:Wetland:20180822221737j:plain

f:id:Wetland:20180822221748j:plain

f:id:Wetland:20180822221740j:plain

f:id:Wetland:20180822221742j:plain

f:id:Wetland:20180822221746j:plain

▲ちょっと言葉にできない

前述のとおり、これらは巨大な水溜りなので魚のような生き物は一切いません。外部から持ち込むような不届き者がいない限り、ひたすら澄んだ水が在り続けるだけです。

枯渇の可能性もあるそうですが、記録上一度も干上がったことはないと。なにそれ。

登山もできます

木道を辿り、接続する山に登ることもできます。 上から見下ろす湿原もまた壮観です。

f:id:Wetland:20180822224226j:plain

f:id:Wetland:20180822224228j:plain

▲言葉が出ないほどの景色 

ただ、帰りにハンガーノックを起こしてしまい危ないところでした。

セットで登山も予定される方は食料を多めに用意しておくのが良いでしょう。また、スタミナ・時間配分には十分ご注意下さい。

景勝地としては最高峰のスポット

美瑛の「青い池」や丘陵地帯のように車でダイレクトにアクセスできる手軽さこそありませんが、個人的には北海道でも最高峰の景勝地だと思っています。

木道までのアクセスであれば、さほど体力に自信がなくとも何とかなると思います。マイナーなためか、観光客で混み合うこともほとんどありません。

通り一遍の観光地ではないところに行きたい。そんな方にはお勧めのスポットです。

 

今回はここまで。